「確定申告」とはどのようなものか

「確定申告」とはどのようなものか

確定申告というのは、何かしら所得があった人が、その収入を税務署に申告することで、適正な税金の支払いになっているのかをチェックしてもらうことを言います。
会社の従業員や社員であれば、所得税などが給料から天引きされているので、年末にそれらの過不足を調整して、支払いすぎの分を還付してもらう「年末調整」で良いのですが、作家や漫画家、あるいは独立自営業といった個人事業主の場合、年度末にその事業による所得を計算して、確定申告しなければいけません。
確定申告は毎年年度末の2月末から3月中旬の間が受け付け期間となっています。
申告には、取引ごとの帳簿作成と提出が必須ですが、その分節税が期待できる「青色申告」と、節税効果は少ないですが全取引をひとつの帳簿で提出できる簡単な「白色申告」があります。

「FX」との関連や重要性など

FXと確定申告に、何か関連性はあるのでしょうか。
結論から言うと、大いにあります。
なぜなら、FXで得た利益にも、税金は掛かるようになっているからです。
つまり、申告しないで放っておくと、税金を未納ということになってしまいます。
その場合の追徴課税というのは非常に高額なため、見落としなく申告したいものです。
FXで得た利益は「雑所得」という区分になり、一律20パーセント課税となっています。
また、得た利益から「必要経費」として、FX取引で使用したインターネットプロバイダ料金や電話代、FX取引のセミナー受講料やセミナー会場までの交通費、FX取引判断分析のために購読した新聞や書籍費用、FX銀行口座振込み時の手数料などが挙げられます。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c